MA氏の小松ヶ池公園 河津桜まつり



MA氏の小松ヶ池公園 河津桜まつり

三浦半島随一の湖沼 小松ヶ池 
   野鳥の宝庫ともいわれる池と沿道の河津桜の並木が美しく咲き乱れる。

This page is having a slideshow that uses Javascript. Your browser either doesn't support Javascript or you have it turned off. To see this page as it is meant to appear please use a Javascript enabled browser.

事業活動の一コマ

三浦半島随一といわれる小松ヶ池の静かな佇まいと堤に延びる桜並木

静かな佇まいを見せる小松ヶ池ではあるが、ここには悲しい伝承がある。

小松ヶ池の堤に延びる河津桜の並木

この池のあたりは、もとは水田であったという。その頃、「お松」という働き者の若い嫁と夫、産後間もない赤子、それに底意地の悪い姑が一緒に暮らしていた。ある日、姑は、お松に広い田の田植えをするように言いつけた。素直なお松は、赤子を背負って田植えを始めたが、夕方になってもまだ田植えは終わらない。「もう半刻あれば」と天を仰ぐと、不思議なことに西に沈みかけていた太陽が東に移動し明るくなり、お松は田植えを終えることができたのだという。だが、精根尽きたお松に大雨、お松は赤子とともに泥沼に溺れ死んでしまったのだという。

堤から小松ヶ池を望む。

それからというもの、お松のたたりを恐れ、このあたりの水田を作る者はいなくなり、しかも雨の多い年が続いたため、池になってしまったのだという。


Comments are closed.