凡人氏のさくら前線 その2



凡人氏のさくら前線 その2

散ればこそ いとど桜はめでたけれ
   憂き世になにか 久しかるべき
 詠み人しらず 『伊勢物語』

This page is having a slideshow that uses Javascript. Your browser either doesn't support Javascript or you have it turned off. To see this page as it is meant to appear please use a Javascript enabled browser.

事業活動の一コマ

屏風絵のごとく咲き乱れる秋山川桜堤の桜

栃木県佐野市 秋山川の河川敷には100本の桜が2,000mに渡って桜並木をなすという(凡人氏提供)。

天空に咲く遠山桜

熊本県球磨郡あさぎり町 個人が茶畑に植えた八重桜ではあるが、今や桜まつりも行われる町の名所(熊本KS氏提供)という。

アルプスを借景して咲き初める高遠の桜 - 天下第一の桜という。

伊那市高遠城址公園。タカトオコヒガンザクラは、ソメイヨシノよりやや小ぶりで赤みの花をつける(KS氏提供)。

アルプスを借景して映える高遠の桜

荒れ果てた高遠城址に、馬場の桜の木を移植したのは明治8年とのこと。今では、「天下第一の桜」と称され、桜の名所100選にも入る(KS氏提供)。

咲きほこる高遠の桜

高遠城址公園には1,500本の桜が冠雪のアルプスをバックにして咲きほこるのだという。これこそ、天下第一の所以であろうか? (KS氏提供)


Comments are closed.