KS氏の西沢渓谷の秋(平成25年11月)



KS氏の秩父多摩甲斐国立公園 西沢渓谷の秋

事業活動の一コマ
西沢渓谷への入り口 広瀬湖のほとりに出迎えるのは

西沢渓谷への入り口 広瀬湖のほとりに出迎えるのは

秋は、渓谷美だけではなく、紅葉の美も併せて堪能できる時期。東京方面からの来訪者には、広瀬湖のほとりの駐車場が、渓谷への入り口。深紅の装いも新たに、秋を象徴する楓が出迎えてくれた。

水を満々とたたえた広瀬湖の眺望

水を満々とたたえた広瀬湖の眺望

湖底にはダム建設で深い眠りに就いた谷間の農村があり、そして下流には、信玄の隠し湯があるという。

これから紅葉を深めるのであろう、西沢渓谷の山並み

これから紅葉を深めるのであろう、西沢渓谷の山並み

わずかに紅葉する山並みに、ススキの白い穂波が秋の感傷を誘う。

溪谷沿いのハイキングロードと紅葉

溪谷沿いのハイキングロードと紅葉

ハイキングロードは、工作機械を使わずに、人がノミで岩に穴を掘り、鉄棒を差込み、木を渡し、橋をかけて作り上げたのだという。まさに、往年の人たちの血と汗の結晶である。

西沢渓谷を代表する天然の芸術、七つ釜五段の滝

西沢渓谷を代表する天然の芸術、七つ釜五段の滝

エメラルドグリーンの清き渓谷の流れ。そして、その清流が長い年月をかけて作り上げた七つ釜五段の滝は、まさに天然の芸術。じっくりと堪能あれ。 

渓谷越しに見える鶏のとさかの如き鶏冠山の威容

渓谷越しに見える鶏のとさかの如き鶏冠山の威容

これは、「とさかやま」。「けいかんざん」と読むものを含め、同名の山が、山梨県に2つ、飯田市に1つ、中国に1つ、台湾に1つあるという。鳥の仏教などという本があるから、仏教信仰の影響か?


Comments are closed.