うわまち浪漫  灯ろうまつり2018のご案内


第14回 うわまち浪漫
灯ろうまつり 2018

7/13(金)14(土)
16:00 ~ 20:30
【灯ろう点灯 18:30~20:30】

 上町商店街のうわまち浪漫3大祭典のひとつ、夏の夜を幻想的に彩る灯ろうまつりが行われます。浪漫に相応しい出会いが待っているかもしれません。ぶらりとお出かけください。案内については、下記を参照してください。

 なお、当会はパンフレットづくり等でうわまち浪漫に協力しています。

 主催: 横須賀市上町商店街連合会
 共催: 横須賀市自然・人文博物館,
     横須賀市文化会館
 協力: 関東学院大学経営学部,
     上町深田連合町内会,
     横須賀市立中央図書館,
     横須賀市立児童図書館,
     横須賀市青少年会館
 後援: 横須賀市教育委員会
うわまち浪漫 灯ろうまつり2018

うわまち浪漫 灯ろうまつり2018

灯籠とは
 元は文字通り、灯りかごであり、灯りの火が風などで消えないように木枠と紙などで囲いをしたものである(『ウィキペディア』)。灯籠を使った祭には、灯籠踊り、灯籠流し、大文字焼きなどがあるが、祖霊が暗いあの世で迷うことのないようにしようというのが、灯籠の共通した意味だという。
 ところで、鶯に灯籠という異名がある。由来がわからない謎の異名である。室町時代に、灯籠に灯りが点灯するとき、灯籠の中から鶯の鳴き声が聞こえてきたという日記を見たことがある。なかなか風流な遊びである。
 それとも、当時はすでに末法の時代。人が迷わないように、「ひつきほし」と三光を鳴く鶯を人生の道案内とさせようとしたのであろうか。


Comments are closed.