KS氏、上田千本桜まつり2018を行く

KS氏、上田千本桜まつり2018を行く

This page is having a slideshow that uses Javascript. Your browser either doesn't support Javascript or you have it turned off. To see this page as it is meant to appear please use a Javascript enabled browser.

事業活動の一コマ

上田城千本桜まつり:お堀を彩る桜

KS氏撮影。華やかな桜と古城のお堀の組み合わせ。しず心にて落ち着いて鑑賞できるように思える。

上田城千本桜まつり:お堀を彩る桜

KS氏撮影。少し散り始めたような風情が見える。    「散るさくら 残るさくらも 散るさくら」  この句は良寛の資料の中に見られ、良寛の辞世の句という説もあるが、辞世の句は別のものがあり、資料の中に紛れ込んだものだという説がある。

上田城千本桜まつり:お堀を彩る桜

KS氏撮影。お堀を覆う桜、緑のじゅうたんを敷いたように広がる芝生。  「見渡せば芝に桜をこきまぜて上田ぞ春の錦なりける 」 素性法師の「見渡せば柳桜にこきまぜて都ぞ春の錦なりける」の本歌どり。昔の春の花の主体は梅に桜。淡白な花が多く、錦にはほど遠いこともあり、春の錦という表現を用いる和歌は少なかったが、その数少ない和歌の一つ。一方、中国では、秋は朽ちる直前と考え忌避する傾向があり、また春の花にさまざまの色があったこともあり、春の錦を漢詩で詠うことが多かったという。

上田城千本桜まつり:石垣と桜

KS氏撮影。この石垣は、石同士の接合面の隙間を減らして積み上げる「打ち込み接ぎ」という方法によって構築された石垣。第一次・第二次上田合戦で徳川軍を二度にわたり撃退した難攻不落の城として知られている。

上田城千本桜まつり:お堀端に優雅に枝垂れるさくら

KS氏撮影。この枝垂れ桜は、エドヒガン桜が変形したものという。桜の枝の上下の成長速度の相違により枝垂れるのだという。

上田城千本桜まつり:上田城と桜

KS氏撮影。日本百名城の27番目の上田城と神業の石垣上の桜。


Comments are closed.