横須賀市産業振興財団第1回産学交流セミナーのお知らせ


横須賀市産業振興財団第1回産学交流セミナー

放射線事故そのときあなたはどうする
 
―放射線事故時の放射線防護の基礎とその計測―


 世界を見渡すと、放射線事故は原子力災害に限らず年に数回の頻度でさまざまな形態で起こっています。近年ではCBRNE(シーバーン:化学/生物/放射線/原子核/爆発)テロへの危険性もささやかれています。では、放射線事故が発生した場合、あなたはどのようにすればよいのでしょうか? 放射線は目で見たり耳で聞いたりできないため、難しいというイメージがありますが、実際はどうでしょうか。
 講師は、防衛大学校でアクティブ・ラーニングを取り入れて放射線や放射線防護の ABC を教える髙田教官。初めての人でも分かるように、難しい言葉を使わずに、次の話題を説明します。家族や地域の防災にも役立つ内容です。
    1.放射線事故とはどのようなものか
    2.もし放射線事故が発生したら
    3.もし放射性物質に汚染してしまったら
    4.放射線の存在を知るには、どのような測定器が必要なのか

日 時 平成29年6月23日(金)午後6時~7時40分
会 場 横須賀市産業交流プラザ 第1研修室
(京急汐入駅から徒歩1分)
講 師 防衛大学校 応用科学群応用物理学科
放射線科学教授 髙田 真志 氏
定 員 60名(先着順)
費 用 セミナー:無料
(交流会希望者:1,000 円 当日お支払いください)
定 員 30名(先着)
申込み 電話、ファックス、はがき、Eメール
(企業関係者はじめ、どなたでも申込可)
申込先 (公財)横須賀市産業振興財団
〒238-0041 横須賀市本町 3-27
TEL:046-828-1631 FAX:046-821-1207
E メール:plaza4@olive.ocn.ne.jp


Comments are closed.