KS氏の横須賀に秋を探して2016

KS氏の横須賀に秋を探して2016

This page is having a slideshow that uses Javascript. Your browser either doesn't support Javascript or you have it turned off. To see this page as it is meant to appear please use a Javascript enabled browser.

事業活動の一コマ

秋を探して: 三浦富士と秋を象徴するススキの穂波

KS氏撮影。秋を探して最初に捉えたのがこの光景。秋を象徴するススキの穂波が揺らめく。三浦富士の山頂からの眺めは素晴らしい。相模湾から東京湾まで、また伊豆大島や房総半島も望める。運がよければ、富士山が武山の上空に雄大な姿を見せる。 三浦富士は、武山を縦走するハイキングコースの一角である。

秋を探して; YRP通りの街路樹の紅葉

KS氏撮影。この写真はNTT横須賀研究開発センタ-下の坂道の街路樹。今はここが最も見ごたえがある。

秋を探して:YRP通りの街路樹の紅葉

KS氏撮影。数キロ続くYRP通りの街路樹はこの一種類。他の木よりも一足早く、しかも遅くまで鮮やかに紅葉を楽しませてくれる。

秋を探して:うみかぜ公園の秋色

KS氏撮影。うみかぜの公園よそおう秋の色。ここにも秋の色はあった。

秋を探して: 市役所前公園における菊花展 ー クッションマム

KS氏撮影。菊は秋を代表する花であるが、野菊は別にして、園芸品種の菊は平安時代以後に輸入され、熱心に栽培された時期があり、花の形、色、変化の点において優れものとなったようである。

秋を探して: 市役所前公園における菊花展 - 大菊の三本仕立て

KS氏撮影:3本仕立ては大菊の最も代表的な仕立て。この菊は大菊のなかでも厚物といわれ、多数の花弁が中心に向かってこんもりと盛り上がった形状のもの。  全国の約1700の市町村が制定した花を2013年頃に調査したことがあるが、その結果によると、つつじは195市町村で制定され、さくらは117、菊が94と続く。秋の景物としては、コスモスの51を引き離し、断然トップであった。秋の花の代表といえるのであろう。

秋を探して: 市役所前公園における菊花展 - クッションマム

KS氏撮影。これは、クッションマムという小菊(花の直径は1センチメートルから3センチメートル)。植付後の摘芯をしなくても柳芽(菊の花が咲かない芽)を繰り返しつけることによって自然に枝分かれをし、半球形のクッション状になるタイプの菊という。それを適度に摘芯して仕上げるようである。

秋を探して: 津久井浜のたわわに実るみかん園 

KS氏撮影。秋といえばミカン狩り。太陽の光をたくさん浴びて育った三浦半島のみかんは、甘さと酸味のバランスが絶妙である。子供たちが幼かりし頃、通った思い出の地でもある。

秋を探して: 津久井浜のみかんの近影

KS氏撮影。近影で見ると、皮肌がすべすべしているようだ。 尽日、秋を探して秋を訪ぬる。 如何でしたか? 皆さんも秋探してみてください。


Comments are closed.