KS氏の信州ビーナスライン ニッコウキスゲの旅

div>

信州ビーナスライン ニッコウキスゲ

This page is having a slideshow that uses Javascript. Your browser either doesn't support Javascript or you have it turned off. To see this page as it is meant to appear please use a Javascript enabled browser.

事業活動の一コマ

信州ビーナスライン八島湿原 国の天然記念物に指定されている霧ヶ峰の代表的な湿原。

約一万年をかけてミズゴケの堆積によって現在のような地形になったといわれ、学術的にも大変貴重な高層湿原。また、日本の高層湿原の南限で、国の天然記念物にも指定されている。

信州ビーナスライン 車山高原 ニッコウキスゲに交じっていろいろな花が咲き誇る。

夏の八島ヶ原湿原は、ニッコウキスゲ・レンゲツツジ・ノアザミ・マツムシソウなど400種類以上に及ぶ亜高山植物の宝庫という。

信州ビーナスライン 車山高原 ニッコウキスゲの群落。まるで黄色の絨毯を敷きつめたようだ

ニッコウキスゲは、夏山の湿原や高原を彩るユリ科の花。花言葉は、”日々あらたに”、”心安らぐ人”。それ故に、夏山にニッコウキスゲを求めるのであろうか。


Comments are closed.