広報部会

新しいインターネットサーバに移転しました

平成29年4月8日に、新しいインターネットサーバに移転しました。


広報部会 平成28年度上期活動報告


四季のいぶきと事業活動の一コマ


四季のいぶき事業活動の一コマ

事業活動の一コマ

ヴェルニー公園の桜

KS氏撮影。桜の代表であるソメイヨシノは、幕末に江戸の染井で発見され、明治に広められたという。ヴェルニー公園のこの辺りも、幕末に開かれ、明治時代に近代重工業の先端を走った土地。しかも、染井は小栗上野介の妻で衣通姫ともいわれる美人「於道」の実家の下屋敷(播州林田藩)があった土地。奇しき縁がある。 「ひさかたの光のどけき春の日にしづ心なく花ぞ散るらむ」紀友則 『古今和歌集』 今年の桜は、例年に比べ美しいと思うのは私だけであろうか? しづ心なくあちこち飛び歩いている。

ヴェルニー公園の桜

KS氏撮影。昨年、面白い和歌を見つけたので紹介しましょう。   鶯の聲に櫻ぞちりまがふ花のこと葉を聞くここちして 西行 『山家集』 鶯の美声を喩える言葉は中国、日本において枚挙にいとまがないが、さくらの花の言葉と喩えられる時代があったのですね。ちょうどこの頃、法(のり)の花という言葉も使われています。また、ホケキョの聞きなしは始まっていないが、盛り上がってくる様子がうかがえます。

くりはま花の国公園に向かう通りの桜

KS氏撮影。こちらの桜は大樹ではないが、長い花のトンネルに興趣がある。

くりはま花の国: 群生するノースポールの花

KS氏撮影。見たことがあると思ったが、どうも違うらしい。花の名前は「ノースポール」。多くの花をつけ、株全体が白い花で覆われるところから名付けられたという。北極に咲く花ではないらしい。

くりはま花の国 プリムラ・マラコイデスの花

KS氏撮影。芝桜かと思ったが、どうも違うらしい。芝桜はハナシノブ科、こちらはサクラソウ科。中国原産で、中国名は報春花という。鶯は報春鳥。春の錦を形成する花なのであろう。

くりはま花の国 ナスタチウム

KS氏撮影。可憐な花であるが、雑草の中でもたくましく頑張るのだそうである。ナスタチウムの和名は金蓮花。 葉が蓮の葉に似ていて、花は黄色や橙色の黄金色をしていることに由来する。

くりはま花の国から横浜ランドマ-クタワ-の眺望

KS氏撮影。春霞の中、対岸に横浜の市街が、そして横浜ランドマークタワーがひときわ高くそびえる。

くりはま花の国 群生する石楠花

KS氏撮影。シャクナゲは、石南花を呉音読みした名前という。中国では、石南、石楠と表記されるが、石南と書くのは、石の間に生え、南を好むことに由来する(Webサイト「語源由来辞典」)。しかし、中国の「石南」と日本の「石楠花」は異なったもので、誤って名付けれたようである。

くりはま花の国 群生する石楠花

KS氏撮影。斜面を彩る景観に見応えを感じる。

くりはま花の国 石楠花の近影

KS氏撮影。『ウィキペディア』によれば、派手で大きな花に特徴があるという。初めて見たとき、しばらくじっと見ていたように記憶している。

くりはま花の国 紅白の石楠花

KS氏撮影。紅白の石楠花の背後にピンクの石楠花が顔を覗かせる。

くりはま花の国 淡いピンクの石楠花

KS氏撮影。優雅な雰囲気が漂う。

倉渕町東善寺の小栗上野介と栗本鋤雲(じょうん)

SA氏撮影。幕末の江戸。サラブレッドに乗ってひずめの音も高らかに響かせ、「鋤雲殿ー」、「鋤雲殿ー」と呼びかけながら、ギャロップする一人の武士。その人の名は勘定奉行小栗上野介。鋤雲に追いつくと、すぐにフランス公使レオン・ロッシュのところに向かった。そのとき、横須賀製鉄所の建設が動き出したという説がある。(まだ、日本にはサラブレッドもいないし、蹄鉄をつけることもなかった時代のことである。この一事にも進取性を見ることができる。)なお、東善寺は小栗上野介の菩提寺である。

もう一つの浅間山の見える光景

YT氏撮影。この地の住人は、この景観に憧れ、都会から離れてここを開拓したと話してくれた。ここ高崎市倉渕町は、烏川(からすがわ)という利根川の支流沿いに発達した集落であり、盆地のような集落からは浅間の雄姿は望むべくもない。私も、今回倉渕町で初めて浅間山を見る機会に恵まれた。しかも、その容姿は私の今までの印象を払拭するものであった。浅間山というと、なだらかなスロープを描く、優しい山の印象を持っていたからである。

雪中にたたずむはまゆう山荘

YT氏撮影。3月31日夜に降り始めた粉雪は翌朝になっても止む気配はなかった。舞い散る粉雪、重みに耐えかねて杉の葉から舞い落ちる雪煙などを見ながらの温泉浴、そして雪見酒。予期せぬ雪との出会いを久し振りに楽しませてもらった。  右上からスローダウンする屋根は、左上からスローダウンする山の傾斜と対をなし、独特な空間模様を作り出している。はまゆう山荘の設計者の意図をそこに見たような気がした。

吉田横須賀市長との車座ランチ 平成27年6月

海軍カレーを食べながら吉田市長と懇談する当会メンバー7名。

平成28年度通常総会 理事長挨拶

KH氏撮影。平成28年度通常総会における理事長挨拶。

平成28年度通常総会 収支報告風景

KH氏撮影。平成28年度通常総会において、プロジェクターを使って平成27年度収支報告の説明をする事務局。

平成28年度通常総会後の懇親会風景

KH氏撮影。平成28年度通常総会も無事終了し、乾杯をする会員一同。

中小企業活性化推進セミナー「見せよう! 中小企業の力」(平成28年2月)

平成27年度中小企業・小規模企業活性化推進月間の対象セミナーとして、「見せよう! 中小企業の力」を神奈川県横須賀三浦地域県政総合センターのご協力をいただき、「中小企業支援活動から見た課題」、「ものづくりで生き残る」「神奈川県の中小企業・小規模企業に向けた施策について」の講演を行いました。また、そのあとで交流会も行い、盛会の裡に終わることができました。

粋に生き活きクラブ開催 講演後の質疑応答 平成27年1月

ビーチグリーンカフェにて新春放談会

      このスライド画像は、レスポンス制御ができます。 お楽しみください。

  1. 通常は、自動的に画像のスライドショーを行います。
  2. スライダ筐体をポイントすると、スライドショーは中断します。
  3. 左右の◄印、►印をクリックすると、その方向にスライド画像を一コマづつ進行させることができます。
  4. 中に数字の入った四角の並びは、スライド画像に対応しています。任意の四角をポイントすると、対応するスライド画像が表示されます。
  5. 3または4の操作を行うと、中断していたスライドショーが再開されます。

 


ようこそ 産業クラスター研究会へ

◆ トピックス ◆

◆まちかど情報 ◆

◆ 活動紹介◆

◆ 活動報告◆


活動報告
活動実績一覧表

◆ 組織と資料関係 ◆


平成27年度上期 広報部会 活動報告

続きを読む


吉田雄人横須賀市長との車座ランチに参加


KS氏のスキー行脚


MA氏の小松ヶ池公園 河津桜まつり

続きを読む


KS氏の荒々しくも豊かな表情を見せる荒崎海岸


広報部会 活動報告(平成26年度上期) 

続きを読む