白川郷合掌集落の幻想的なライトアップ

← Back to 白川郷合掌集落の幻想的なライトアップ

白川郷合掌集落の幻想的なライトアップ

江戸時代、養蚕スペースの確保と大家族制の維持から民家が大型化し、豪雪地帯の雪降ろし対策と相俟って急勾配の合掌造りが生まれたという。この家屋は雪がとても似合う。


Comments are closed.