龍田姫が機も用いずに織りなし、露や霜で染め上げたという秋の錦。そして、池の写し絵が一層の情趣を誘う。

← Back to 龍田姫が機も用いずに織りなし、露や霜で染め上げたという秋の錦。そして、池の写し絵が一層の情趣を誘う。

龍田姫が機も用いずに織りなし、露や霜で染め上げたという秋の錦。そして、池の写し絵が一層の情趣を誘う。

道真が、白居易の惜春詩を流用して「秋を惜しめども 秋駐(とど)まらず」と詠い、「惜秋」という和製漢語が造り出されたという。国風化はこうして進み、今に残る。(凡人氏撮影)


Comments are closed.