城ヶ島から伊豆半島のサンセットシーンを望む

← Back to 城ヶ島から伊豆半島のサンセットシーンを望む

城ヶ島から伊豆半島のサンセットシーンを望む

KS1氏撮影。城ヶ島は古代~中世までは尉が島・尉ヶ嶋等と称され、城ヶ島と呼ばれるようになったのは中世以降とされる。戦国時代に房総半島の里見義弘がこの島に砦を築いた頃に「城ヶ島」と呼ぶようになったといわれ、明治時代の観光パンフレット『相州三浦半嶋案内』でも紹介されている。かつては多くの人が島名の由来を知っていたと思われるが、現在では地元でも知る人が少なくなった(『ウィキペディア』城ヶ島)、といわれる。


Comments are closed.