城ヶ島から伊豆半島のサンセットシーンを望む

← Back to 城ヶ島から伊豆半島のサンセットシーンを望む

城ヶ島から伊豆半島のサンセットシーンを望む

KS1氏撮影。北原白秋の有名な短歌(1913年(大正2年)歌集『桐の花』)。【春の鳥な鳴きそ鳴きそあかあかと 外の面(とのも)の草に日の入る夕(ゆうべ)】 夕日はあかあかと輝いてはいるが、何となくうら悲しさの漂う景観である。大伴家持の春愁の名歌もこのような景観で詠われたのであろうか。  東北大震災の数日後に詠われた和歌「震災に痛む心ややわらげと 明々(あかあか)と鳴く鶯の声」は白秋の短歌の本歌取りである。


Comments are closed.