足立区立しょうぶ沼公園 ハナショウブ  郭公鳥

← Back to 足立区立しょうぶ沼公園 ハナショウブ  郭公鳥

足立区立しょうぶ沼公園 ハナショウブ  郭公鳥

KSi氏撮影。郭公鳥(かっこうどり)は、長井古種の中では珍しく江戸系に近い花で、3枚の花弁が浅く重なり合う。花形は肉厚感のある大きな円形で、濃い筋があらわれる。花色は赤みのある紫紺色で、白く細いふちどりがある。内花被は卵形で大きく6枚のように見え、色は外花被に比べ赤みが強くあらわれる。あやめの季節に鳴く郭公鳥の飛び立つ時の姿と羽の色合いからこの名がつけられた(同サイト)。 「郭公鳥 飛び立つ鳥の 如く咲く 奥谷 出」


Comments are closed.