足立区立しょうぶ沼公園 ハナショウブ  竜の髭

← Back to 足立区立しょうぶ沼公園 ハナショウブ  竜の髭

足立区立しょうぶ沼公園 ハナショウブ  竜の髭

KSi氏撮影。竜の髭(りゅうのひげ)は、花弁の風合いは絹布の「ぬめ地」のようになめらかで光沢が映える。花形はあ長楕円形で、花弁は「とい弁」といわれ、雨樋のようなV地型にくぼんだ花弁とその逆に盛り上がった花弁がひとつの花に同時にあらわれる珍しい花である。内花被が他の花に比べても、とりわけ細長い鉾形に立ち上がり、白いかすり状の脈がわずかに入る。花色は紫の単色だが、陽があたると赤みが強く見え、咲き始めから終わりまで色が変わらない。花弁に付け根のところにある「目」の部位は細い黄色が目立つ。総体的にはバランスの整った変化のある花で、その姿はまさに「竜の髭」にふさわしい珍花である。丈夫で配色もいい(同Webサイト)。


Comments are closed.