足立区立しょうぶ沼公園 ハナショウブ「長井古種系統」

← Back to 足立区立しょうぶ沼公園 ハナショウブ「長井古種系統」

足立区立しょうぶ沼公園 ハナショウブ「長井古種系統」

KSi氏撮影。 NHKの『みんなの趣味の園芸』でハナショウブの種類について調べてみると、①江戸系(江戸種)は変化に富み多彩。茎が剛直で庭植え向き。群生させると見事。 ②伊勢系は弁が垂れるのが特徴。伊勢ナデシコ、伊勢ギクと合わせて伊勢3花と呼ばれる。外花被が3枚の三英花(さんえいか)が多い。③肥後系は豊満でボリューム感のある花。鉢植えで観賞するのによい。外花被が6枚の六英花(ろくえいか)が多い。 ④長井古種は山形県長井市にある品種群。江戸時代より保存され守られているといわれる。


Comments are closed.