藤枝パーキング 源義家ゆかりの藤 その1

← Back to 藤枝パーキング 源義家ゆかりの藤 その1

藤枝パーキング 源義家ゆかりの藤 その1

KS氏撮影。後三年の役(1083年~1087年) で八幡太郎義家が奥州へ下る時、若一王子神社に立ち寄り、裏山の古い松の木に藤の蔓が絡まり、藤の花が咲き誇っているのを見て和歌を詠みました。 
 「松に花、咲く藤枝の、一王子、宮居ゆたかに、いく千代をへん」
これがもとで「ふじえだ」を「藤枝」と書くようになったと伝えられています(Webサイト『藤枝市』藤枝のいわれ)。


Comments are closed.