浦賀の渡し

← Back to 浦賀の渡し

浦賀の渡し

YO氏撮影。浦賀は、南東から北西へと陸地に深く切り込むような海が東西の陸上交通を妨げる不便な地形であるため、浦賀奉行が置かれて間もない享保10年(1725年)頃から渡しが行われていたという。 水上区間であるが、横須賀市の市道2073号線を構成し、横須賀市唯一の市営交通事業である(『ウィキペディア』「浦賀の渡船」)。なお、幕末に浦賀沖にペリーが現れたのは持参した地図に浦賀港が記されていたからだという。


Comments are closed.