高山を彩る花々 コマクサ 本白根山

← Back to 高山を彩る花々 コマクサ 本白根山

高山を彩る花々 コマクサ 本白根山

凡人氏撮影。本白根山(2164.8m)は関東随一と言われるコマクサの群生地。植物が育つとは思えない砂礫地に身を低く群生している。小さな草丈のわりには気品のある大きめの花が咲き、高山植物の女王にふさわしい風格がある。コマクサは、小さくて3センチくらいであるが、花が咲くまで5年もかかり、根は1メートル以上も深くはっている。移植しても直ぐに枯れてしまう可憐な花。


Comments are closed.