高山を彩る花々 コマクサ 本白根山

← Back to 高山を彩る花々 コマクサ 本白根山

高山を彩る花々 コマクサ 本白根山

凡人氏撮影。和名はその花の形が馬(駒)の顔に似ていることに由来する。植物学者の牧野富太郎の命名である。花言葉は、「高嶺の花」・「誇り」・「気高い心」・「貴重品」。 花言葉を見てつくる。「こまくさや高嶺の花の香りかな」。高山植物の女王然とした風格がある。


Comments are closed.