高槻の鯉のぼりフェスタ:大空を泳ぐ色とりどりの鯉

← Back to 高槻の鯉のぼりフェスタ:大空を泳ぐ色とりどりの鯉

高槻の鯉のぼりフェスタ:大空を泳ぐ色とりどりの鯉

KS氏撮影。現在のような鯉のぼりになるのは、『後漢書』にある「竜門の故事」によるという。「黄河の急流にある竜門と呼ばれる滝を多くの魚が登ろうと試みたが鯉のみが登り切り、竜になることができたことにちなんで鯉の滝登りが立身出世の象徴となった。栄達するための難関を「登竜門」と呼ぶのも、この故事にもとづくものである(『ウィキペディア』鯉のぼり)。


Comments are closed.