信濃の秋:八ヶ岳連峰

← Back to 信濃の秋:八ヶ岳連峰

信濃の秋:八ヶ岳連峰

KS氏撮影。前の写真を部分的に拡大したのがこの写真。最高峰の赤岳を中心に南八ヶ岳の連峰が聳える。
八ヶ岳のふもと、標高1300mの野辺山(のべやま)高原は「旧石器のふるさと」ともいわれる。今から2万2千年前~1万2千年前までの1万年間の後期旧石器時代後半の遺跡がたくさん見つかっている。ナイフ形石器の遺跡(2.2~1.6万年前)・尖頭器(せんとうき)の遺跡(2~1.4万年前)・細石刃(さいせきじん)の遺跡(1.4~1.2万年前)がそれである(Webサイト「八ヶ岳旧石器遺跡 探訪」)。
 こうしてみると、人にとって山とは何なのであろうか?


Comments are closed.