城ヶ島の紫陽花:青色紫陽花の近影

← Back to 城ヶ島の紫陽花:青色紫陽花の近影

城ヶ島の紫陽花:青色紫陽花の近影

KS氏撮影 紫陽花という漢字は、唐の詩人白居易が別の花、おそらくライラックに付けた名で、平安時代の学者源順(みなもとのしたごう)が『和名抄』でこの漢字をあてたことから誤って広まったものという(『ウィキペディア』アジサイ)。また、和名の「あじさい」については、いろいろな説があるが、もっとも有力視されているのは、「藍色が集まったもの」を意味する「あづさい(集真藍)」がなまったものとする説である(『ウィキペディア』アジサイ)。


Comments are closed.