城ヶ島の紫陽花:青色の紫陽花

← Back to 城ヶ島の紫陽花:青色の紫陽花

城ヶ島の紫陽花:青色の紫陽花

KS氏撮影。次の家持の和歌では、「紫陽花は色が変わりやすく、人を欺く不実なもの」の譬えとして用いられている。そのため、平安時代には紫陽花を詠んだ和歌はほとんど見られなくなり、再び詠まれるようになるのは平安時代末期だという。(Webサイト「紫陽花(アジサイ)和歌歳時記」)。   
 言問はぬ木すらあぢさゐ諸弟(もろと)らが練りのむらとにあざむかれけり (大伴家持『万葉集』)


Comments are closed.