美しの360度大パノラマ:南アルプス

← Back to 美しの360度大パノラマ:南アルプス

美しの360度大パノラマ:南アルプス

KS氏撮影。この眺望は南アルプス。左から甲斐駒ヶ岳(2,967m)、北岳(3,193m)、仙丈岳(3,033m)、塩見岳(3,052m)。 標高2,000mの美ヶ原高原は夏でもかなり涼しく霧が発生することも多い。美ヶ原という呼称は、江戸時代中期に編纂された『信府統記』に見える。定着したのは、1921年(大正10年)に木暮理太郎が、日本山岳会の会報『山岳』に登山の記録を載せてからという(『ウィキペディア』美ヶ原)。 


Comments are closed.