ヴェルニー公園の桜

← Back to ヴェルニー公園の桜

ヴェルニー公園の桜

KS氏撮影。桜の代表であるソメイヨシノは、幕末に江戸の染井で発見され、明治に広められたという。ヴェルニー公園のこの辺りも、幕末に開かれ、明治時代に近代重工業の先端を走った土地。しかも、染井は小栗上野介の妻で衣通姫ともいわれる美人「於道」の実家の下屋敷(播州林田藩)があった土地。奇しき縁がある。

「ひさかたの光のどけき春の日にしづ心なく花ぞ散るらむ」紀友則 『古今和歌集』
今年の桜は、例年に比べ美しいと思うのは私だけであろうか? しづ心なくあちこち飛び歩いている。


Comments are closed.