北下浦海岸通りビッドル広場に咲き乱れる彼岸花

← Back to 北下浦海岸通りビッドル広場に咲き乱れる彼岸花

北下浦海岸通りビッドル広場に咲き乱れる彼岸花

KS氏撮影。彼岸花は、秋の彼岸の頃に咲くことに由来する。曼珠沙華(マンジュシャゲまたはマンジュシャカ)の異名は、山口百恵の曲名で知られているが、仏教でいう「天上に咲く赤い花」の意味がある。毒性があるので食べた後は彼岸(死)しかないということから死人花、逆に毒性を抜いて非常食とすることもあることから悲願の花ともいう。1000以上の異名が知られているようで、人々に親しまれてきた花であるらしい。


Comments are closed.