花しょうぶ(花菖蒲)の由来: 葉が菖蒲に似ていて花を咲かせるからという。

← Back to 花しょうぶ(花菖蒲)の由来: 葉が菖蒲に似ていて花を咲かせるからという。

花しょうぶ(花菖蒲)の由来: 葉が菖蒲に似ていて花を咲かせるからという。

KS氏撮影。あやめ(菖蒲)は、剣状の細い葉が縦に並んでいる様子が文目(あやめ)模様から。花基部の網目模様からの説もある。 そして、かきつばた(杜若)はかきつばたの色(青紫)を染み出させ布などに書き付けた、つまり衣の染料に使われ、「書付花」と呼ばれていたのがなまったものという。


Comments are closed.